美容整形マニュアル

大きくて形の良い胸を脂肪注入で手に入れる豊胸

豊胸手術は、大きくて形の良い胸を簡単に手に入れる事ができる手術です。
ほとんどの美容外科では日帰りで受けることができるので、周りの人に気付かれることなく受けることができます。

自分のバストに不満がある人や、胸に自信がなくて人前に出れないという場合は豊胸手術、脂肪注入がいいかも知れません。

豊胸手術は形を整えたり大きくするだけではなく、左右対称にしたり、小さくしたいという場合も用いられます。

人それぞれ悩みの種は違いますので、医師とじっくり話し合って受けるか受けないか決めると良いでしょう。

最近は、自分の体の脂肪を取り除いて、その脂肪を胸に入れる方法があります。自分の体の一部分なのでアレルギー反応は少なく安全性が高いと言われています。

バストの左右差と豊胸手術

女性の中にはバストサイズの左右差で悩む方がいらっしゃいます。また女性は着替えの時や銭湯や温泉などの公衆浴場などでバストを人前に晒す機会が多いので、この問題は非常に大きな問題になりやすいと言えます。

その様な時には美容外科などで美容整形として豊胸手術を受けることが効率的な解決策になります。自分でエクササイズなどを行い豊胸する事も可能ですが、手術を受けた方が効率的と言えます。

また通常の豊胸手術と違って、バストの左右差を整える豊胸の場合はリスクが比較的小さくなります。なので、手術を受けやすくなるとされています。

美容整形や豊胸手術と乳輪の形

乳輪の形についてコンプレックスを抱えている若い女性は、決して珍しくないとされ、評判の美容外科のクリニックにおいて、流行りの美容整形の施術を受けることがとても有効です。

例えば、豊胸手術の取り組み方については、それぞれのクリニックの経営方針や医師の判断、患者の症状などによって、わずかな違いが出ることがあるため、カウンセリングの際に担当の医師や看護師と念入りに打ち合わせをすることが良いでしょう。 そして、美容整形に関するトラブルの発生率を最小限に抑えるために、日ごろから契約書の内容を確認することが欠かせません。

予算に合わせる美容整形の豊胸方法とは

美容整形の豊胸方法には、シリコンバッグプロテーゼなどの豊胸手術と、ヒアルロン酸注入によるプチ整形があります。シリコンバッグプロテーゼとヒアルロン酸注入は料金に違いがあり、プチ整形のヒアルロン酸注入の方が料金は安いです。

大阪の美容整形外科では予算に応じてバストアップの方法を選択することができ、格安でバストアップをしたい方は、ヒアルロン酸注入によるプチ整形を選ぶことができます。ヒアルロン酸注入だと10万円程度の料金でバストアップをすることが可能です。ヒアルロン酸注入は永続的な効果は得られませんが、永続的な効果を望まれる方はシリコンバッグプロテーゼをおすすめします。

豊胸術の脂肪注入などの種類について

胸についてのコンプレックスは、サイズや形など人によってさまざまですが、どれをとっても切実な悩みとも言えます。短い期間で確実にサイズアップや形を整えたい方には、美容外科やクリニックで行われている豊胸手術がおすすめです。

近年では医療の発達により、さまざまな豊胸術が誕生しています。豊胸術には大きく分けて3つの種類があります。体内にある余分な脂肪を吸収し、胸に注入していく脂肪注入法や、価格も施術も手軽にできるヒアルロン酸注入法、サイズアップが望めるシリコン製のバッグ挿入法などがあります。また、カウンセリングを実施することにより適した方法が見つかります。

豊胸手術はvaser併用脂肪注入法が良いです

豊胸手術は、いろいろな術式があります。シリコンバックを直接胸に入れる方法や、ヒアルロン酸を胸に注入する方法などです。いろいろな術式の中で一番おすすめなのが、vaser併用脂肪注入法です。

この方法であれば、自分の脂肪を注入するので自然な柔らかさと自然なボリュームを手に入れる事が出来ます。脂肪吸引をしているので、部分痩せにも効果があります。シリコンバックと違い、レントゲンを撮っても写らないですし、触られたとしても素人の人にはわからないほど自然な感じにすることが出来ます。現在シリコンバックを入れている方も、シリコンを取って脂肪注入法に変える事も出来ます。

一般社団法人 大阪府医師会

〒543-8935
大阪市天王寺区上本町2丁目 1番22号

http://www.osaka.med.or.jp/

豊胸・脂肪吸引の記事

ページトップ