美容整形マニュアル

定着しやすい豊胸

シリコン以外に自分の脂肪やヒアルロン酸を使用した豊胸は近年では充実していますが、定着率がさほど高くはないという事が問題視されていました。しかし、最近ではそれらの豊胸においても研究の成果もあってか、定着率がアップしている様です。

定着率がアップすると、豊胸を受けた後は長くその効果が続く事になります。自分の脂肪やヒアルロン酸を豊胸において使用する事は、低リスクで手術を行う事ができますので、多くの人に選ばれている様です。定着率がアップすると、ずっと美しくありたいと考える人にとって選べる豊胸の幅が広まる事になります。便利な手術法が用意されていれば、利用する人もきっと増えるでしょう。

赤くなる事もある豊胸

どうしても豊胸を受けると、直後から思い通りにきれいになるという事が厳しい場合が多く、ダウンタイムが発生するというのが一般的となっています。豊胸を受けると、どの様に変化するのかという事についてですが、患部が赤く変化する事もあります。

そして、豊胸手術による傷が完治するまでの間は痛みを感じる事もあります。他にも豊胸を受ける事で腫れる事もあります。豊胸によるダウンタイム中の変化は、思っていたよりも軽く問題ないという人もいますが、やはり痛みなどが辛く感じられるという事もあるそうです。症状自体は軽くても、あまりハードな仕事をすると体に負担となっている事もありますので、控えましょう。

脂肪注入型豊胸手術とは

vaser併用脂肪注入豊胸術は、世界でも有数の脂肪吸引装置のvaserを利用して、太ももやウエスト周り、ふくらはぎなど自分の気になる部分を脂肪吸引し、吸引した脂肪を自分の胸に注入する方法です。ベイザーで吸引した脂肪は、不純物がとても少ないので、とても柔らかい胸を手に入れる事が出来ます。

注射器で注入するので、傷跡もとても小さく一般の人が見ても、豊胸手術を受けたとは気づきません。自分の脂肪を入れているので、とても柔らかいですし、レントゲンに写る心配もないので、現在では豊胸する方のほとんどの方が、利用されています。

自分の脂肪注入による豊胸手術

メスを使わず自然な仕上がりが期待できる豊胸手術にvaserを使うものがあります。これは、ベイザーという特殊な超音波が出る器械を使っておこないます。残る傷口が小さく出血、痛み、腫れも少なく抑えられます。豊胸手術では、自分の脂肪を吸引しすぐに胸に脂肪注入します。

異物の少ないなめらかな脂肪が吸引できるので、ふんわりとしながらもボリュームのある胸になります。感染のリスクが少なく、アレルギーもほとんど起こり得ません。肌の引き締め効果も高いので、たるみや不自然さが出ません。3回くらいの通院で、半永久的な効果が見込めます。

豊胸手術は脂肪注入が人気

昔の豊胸手術は、シリコンバックを胸に入れて大きくする方法が、一般的でとても多くの人が行っていました。しかし現在では、vaser併用の脂肪注入豊胸術があります。vaserで、自分のウエストや太もも、ふくらはぎの脂肪を吸引し、その脂肪細胞を胸に脂肪注入する方法です。

この方法で豊胸すれば、胸への定着率がとても良くて、自然なボリュームを手に入れる事が出来ます。そして非常に柔らかい仕上がりとなりますので、触られても豊胸したことがばれないで済みます。レントゲンで撮影をしても、影などが写らないのでほとんどの方にばれずに、豊胸手術を受けることが出来るので、とても人気があります。

豊胸手術におけるvaserについて

豊胸手術の方法についてはさまざまな方法をあげることができますが、そのなかでも自然な仕上がりとしておすすめできるのが、脂肪吸引で除去した脂肪を胸に移植する方法です。vaserは脂肪吸引の最新機器として広く知られていて、従来の脂肪吸引よりもより多くの皮下脂肪を除去できる点が、メリットとして挙げられています。

この様な機器で効率的に撮った脂肪を胸に移植する方法をおすすめします。vaserであれば身体への負担は従来の脂肪の吸引機よりも低いとされていますので、安心して施術を受けることができますのでおすすめです。

一般社団法人 大阪府医師会

〒543-8935
大阪市天王寺区上本町2丁目 1番22号

http://www.osaka.med.or.jp/

豊胸・脂肪吸引の記事

ページトップ