美容整形マニュアル

まぶたの状態で異なる二重整形

まぶたの状態は人により異なります。普段は一重まぶたの人であっても、一時的に二重まぶたになったりする事があったり、アイプチなどをすると二重まぶたの癖がつきやすい人もいる様です。その場合には、簡単な二重整形でぱっちりとしたまぶたになる事ができる可能性が高いかと思います。

その一方で、なかなか二重にならず、アイプチでもすぐに取れてしまう人などは、しっかりと切開をして行う二重整形の方がいい場合もある様です。

二重整形は人によって、どの方法が向いているか違いますので、ドクターからしっかりと説明を受ける様にし、一度の二重整形で半永久的に美しい目を維持する事ができます。

時には自分が思うのとは違う二重整形をドクターが提案する事もあるかもしれません。

二重まぶた手術

ほとんどの美容整形が二重まぶた手術を扱っています。美容整形の種類は実にたくさんあります。

しかし、その中でも二重整形手術は非常に利用者が多いのが特徴です。二重整形手術にはたくさんの種類があります。人によってまぶたの状態は違います。まぶたに肉が多く厚みがある人、逆にまぶたの肉が少なく薄い人など様々です。

それぞれのまぶたの状態によっても二重まぶたの整形の方法を変えないといけない事もあります。できるだけ切開しない方法を選択する人が多い様ですが、場合によっては切開が必要な場合もあるかもしれません。

美容外科の医師としっかりとカウンセリングを行って決定しましょう。

二重まぶたになりたい人に二重整形の目頭切開がお勧め

女性はくっきりとした二重まぶたに憧れている人が多く、二重整形に高い関心を持っている人が増えています。 美容整形の目頭切開は、目の内側の蒙古襞のある部分を数ミリ切開をすることで、大きな瞳にする効果が期待できます。 目と目の間隔が離れているのがコンプレックスの人が多いですが、二重整形の目頭切開を行うと、目と目の距離も近くなるので、顔の印象をすっきりとさせる効果が期待できます。

短時間で施術を終えることができるので、体に負担が少なく、安全性の高い方法です。 多少のダウンタイムがあり、腫れも出る場合がありますが、一週間ぐらいすると目立たなくなります。

二重整形手術を受けて結膜炎になった場合の美容整形クリニックの対応は?

二重整形とは二重まぶたを作るためにできる整形手術のことです。手術方法は主に糸を使った手術が行われることが多いのが特徴です。二重まぶたの美容整形の副作用として様々な症状がありますが主に挙げられるのは結膜炎といった目に関する感染症や炎症が起こったりすることがあります。

結膜炎になった場合の美容整形クリニックの対応は糸を抜糸してから炎症が落ち着くことを待ちます。炎症が落ち着く期間は大体2週間から1ヶ月です。そして炎症が落ち着いてから再び糸をかけなおします。こういった対応がクリニックの対応になっています。

二重まぶた実現の二重整形とは

奥二重や一重の人にとって、憧れの対象となる二重まぶたですが、近年ではプチ整形などもあり、手軽に二重整形を行えるようになりました。東京や大阪などにある都心部での美容外科やクリニックでは、手軽に手術を受けられるように、様々な工夫や配慮を実施されています。

二重整形の種類には、医療用の針と糸で二重のラインを作る埋没法や、まぶたを切開し二重のラインを作る切開法などがあります。世代や自身の持つまぶたによって、適した手術がありますので、しっかりとカウンセリングを受けて、なりたい二重まぶたを実現させることが大切です。

二重整形は切開法でしましょう

まぶたにメスを入れて、二重整形する方法を切開法といいます。切開法はしっかりと、深い二重ラインを半永久的に残すことが出来ます。埋没法では、糸を縫っているだけなので、二重ラインが取れてしまう可能性がありますが、切開法ではその心配はありません。

濃いラインを一生残したい方に、おすすめの整形手術です。まぶた部分にメスを入れるので、術後2週間程は腫れが続いてしまったりと、ダウンタイムが長くなってしまいます。しかしながら何度も数院する必要はなくなりますし、埋没法と違い一度手術をすれば、半永久的に手術をする必要はなくなります。

二重整形・鼻整形の記事

ページトップ