美容整形マニュアル

脂肪吸引と豊胸の手術をワンセットで行うメリット

脂肪吸引と豊胸術、どちらか片方の美容整形を検討されている方には、両方の手術をワンセットで行うことをお勧めします。脂肪注入法による豊胸術は、自然な仕上がりで後遺症もなく、安全・安心なバストアップ効果を得ることができます。

この施術を行うには自分の脂肪が必要ですので、脂肪吸引も一緒に行うことになります。近年では吸引機器の進化が著しく、手術の安全性も格段に向上しています。リスクが少なく受けられるので、他に目的があったときなどのついでとして利用するのではなく、本格的に両方の施術を受けようか迷う方もいます。割引プランなどのサービスも用意されているので、施術前に検討してみましょう。

脂肪吸引後に幹細胞を加えるセリューション豊胸術

新たな豊胸術として美容整形業界で話題となっているのが、脂肪注入法の発展系であるセリューション豊胸術です。基本的な施術の流れは、従来の脂肪注入法と同じく、患者の身体から脂肪吸引し、吸引した脂肪をバストに注入するものです。

従来の施術と異なるのは、吸引した脂肪の幹細胞を活性化させる点です。幹細胞には自細胞を複製する機能があるため、脂肪細胞と血管の結合を助ける働きをしてくれます。脂肪分の幹細胞を活性化させてからバストに注入することで、従来の施術では50%程度だった脂肪定着率を、約80%まで向上させることに成功しています。

脂肪吸引・注入による豊胸では1カップ程度の増量が最適

美容整形の脂肪注入法による豊胸術では、脂肪の定着率の問題から、1回の施術で増量できるバストサイズには限界があり、およそ1カップ程度の増量が適量となります。バストの容量に余裕があり、なおかつ脂肪吸引できる量が多かったとしても、2カップの増量が限界と言われています。

それ以上の増量を希望する場合は、バッグプロテーゼ法を受けるのが適切なのですが、脂肪注入法でもやれる方法があります。3ヶ月以上の休息期間を設けつつ、複数回の脂肪吸引・注入手術を行う方法です。ただし、先に述べた通りバストの容量の問題があるため、誰にでも行える方法ではありません。

脂肪吸引と注入による豊胸手術の仕組み

美容整形の豊胸手術には、患者の自身の脂肪を吸引して、そのままバストに注入する方法があります。これは脂肪注入法と呼ばれる豊胸術で、アレルギーなどの拒絶反応が起こらない、安全な施術となります。

カニューレと呼ばれる細い管を用いて脂肪吸引を行い、吸引した脂肪から不純物を取り除いてバストに注入します。乳腺層、脂肪層など、異なる層に分割して注入することで、バランスの良い自然な触り心地のバストアップを実現しています。また、痩せづらい部位からの脂肪吸引を行うことで、理想のボディラインづくりも合わせて行うことが可能です。

VASER 彫刻脂肪吸引 (6つに割れた腹直筋)

美容整形・美容外科Kunoクリニック大阪、東京 

脂肪吸引は美容外科kunoクリニック 大阪、東京

東京銀座院
〒 104 - 0061
東京都中央区銀座5-9-12 ダイヤモンドビル2階

大阪梅田院
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4-200 大阪駅前第4ビル2階

http://www.d-biyou.com/
http://www.d-biyou.com/michelangelo/
http://bust.k-biyou.com/
http://nose.k-biyou.com/
http://eye.k-biyou.com/

脂肪吸引、脂肪注入による豊胸手術、二重まぶたにする二重整形、隆鼻などの鼻整形、レーザー脱毛などの美容整形。Vaserによる脂肪吸引、豊胸で有名。

豊胸・脂肪吸引の記事

美容整形(鼻整形、二重整形、豊胸、脂肪吸引など)について

当サイトでは美容整形(鼻整形、二重整形、豊胸、脂肪吸引など)について書かれていますが、美容外科医が書いているわけではありませんので参考でお読みください。

鼻整形、二重整形、豊胸、脂肪吸引などの美容整形についてはお近くの美容外科にお問い合わせください。大阪、東京などには多くの美容外科があります。

ページトップ