美容整形マニュアル

二重整形の二重まぶたの崩れについて

目が細い事で暗い寝ぼけた印象を相手に与えるということで、細目をコンプレックスに感じる人も多く、クリッとしたハッキリした目にするためにプチ整形で解消しようとする人が増加してます。

二重まぶたにするための二重整形は、日帰りで数十分で施術でき、費用も安いためプチ整形として行う人も多いですが、肥満や老化による肌のたるみが原因で、数年経つと崩れる可能性があります。

二重まぶたは一度崩れると再度同じ二重整形を行えば、元のクリッとした目に戻せると思ってる方が多いですが、一度崩れた場合は、元に戻すために別の施術が必要な場合が多く費用がかなり掛かります。

二重整形の手術は難しいものではありません

一重まぶたの人が多い、アジアの人の中には二重になりたいと強い憧れを抱いている人も多いようです。そのため、二重整形を行なって半永久的な二重を手に入れる人も少なくありません。

二重整形の手術は難しいものではありません。患者が感じる痛みも他の整形と比べると小さく、整形するのが怖いと思っている人でも、安心して手術を受ける事ができます。

プチ整形でまぶたを切る事なく、糸で止めるだけの簡単な手術もあり、患者に人気です。

美容整形の二重整形施術の後のつっぱり感

美容整形で最も人気のある施術が二重整形ですが、術後、つっぱり感があり不安になる人も多いようです。 二重まぶたがしっかりと落ち着くまでに、2ヶ月から3ヶ月かかるので、その期間につっぱり感があるのは通常経過です。しかし、3ヶ月以上経っても感じる場合は、挙筋操作の不具合や二重形成の癒着による影響の可能性もあるため、施術を受けた美容整形外科で診察を受けるのが無難です。

多くの人は、二重のラインが整った後は、経過診察に行かなくなってしまいますが、理想の二重まぶたに仕上げるためにも、定期的に診察を受けることが大切です。

美容整形|二重整形手術後にコンタクトはいつごろ装着してもいい?

二重まぶたを手に入れるためまたは、より二重をはっきりさせるためには美容整形の一種である二重整形が最適です。普段コンタクトレンズを愛用している人が気になるのは、手術が終わった後にすぐに装着できるのかどうかという点です。

基本的には、埋没法、切開法いずれの二重整形においても、装着は可能です。ただし、腫れの原因になってしまったり、傷口に負担がかかったり、衛生面が損なわれたりする可能性がありますので、できれば1週間程度は装着しない方が無難です。

どうしても必要に迫られた時に装着する程度にしておき、もし違和感を感じたらすぐに使用をやめ、お医者さんに相談してください。大切な目をいたわりつつ、きれいな二重まぶたを手に入れてください。

二重整形で綺麗な二重まぶたを手に入れよう

二重まぶたにしたい、女性は多く居ると思います。そんな方は、メイクをするときに、苦戦しながら二重にしたり、うまく出来ない方は諦めて、一重のまま出かける人もいると思います、そんな方におすすめなのが二重整形です。

大阪などにある美容クリニックでは、その日のうちに、二重整形の手術を受けられますし、手術すれば何もしなくても、二重まぶたになるのでとても楽です。費用もとても安くなっていますし、腫れもほとんどないので、周囲に気づかれる事無く、手術を受ける事ができるので、多くの女性が手術を受けて二重にしています。早い所では、初診でそのまま形を決めて、手術をしてくれる美容クリニックもあります。

二重整形するなら切開法がおすすめです

二重整形するときに、まぶたにメスを入れて二重にする方法を、切開法と言います。切開法は、深いラインを半永久的に入れることが出来ます。埋没法では、ラインが薄くなったりラインが取れてしまうことがありますが、切開法ではそんなことがありません。

しかしながら、術後2週間程は腫れなどが続くので、埋没法に比べダウンタイムが長いです。切開法で手術をすれば、何度も通院する必要がありませんし、一度してしまえばずっと同じ二重なので、周囲の人にはあまり気づかれません。しっかりと深いラインを一生持ちたいという方には、とてもおすすめの整形手術となっています。

二重整形・鼻整形の記事

ページトップ