美容整形マニュアル

二重整形で二重まぶたにした人の見分け方

二重整形により二重まぶたになっている方と自然なまぶたの方の見分け方です。これは二重整形だけでなく頬などの整形でもよく言われることですが、二重にした方は顔が笑っていても目は笑っていないです。整形をすると目や目の周辺の筋肉が自分でうまく動かせないからです。

そして目を閉じた時に二重の線が不自然に入っていることです。あくまで不自然ということです。そしてまぶたに脂肪がたくさんある方でも二重の線がしっかり食い込んでいる状態になっていることです。

泣いたりした後など自然な二重の方は少し腫れてしまったりしますが、とても腫れていてもくっきり線が残っています。

埋没法の二重整形

二重整形をしたのですが、二重の幅がもどってきてしまって、再手術をしようか、迷っていました。美容整形って、1度やると癖になるといいますが、ほんとにそれありますね。美意識というものが、かなり高まるのも事実です。

そして、今回本当に再手術を試みるべく、前回美容整形をしたところに向かいました。

埋没法の二重整形だったので、どうしてもラインがくずれてくるのです。

今回も、同じ施術方法をとりました。やっぱり行程を知っているので、不安は前回よりも少ないです。そして、若干ラインを太目にすることにしました。

施術が終わって、少し腫れましたけど、1週間ぐらいでなじんできました。
ラインが少しはっきりしていて、かなり満足です。

二重整形を行う場合はトラブルが少ない美容整形を選ぶべき

一重まぶたがコンプレックスになっている方は決して少なくないはずです。そういう方は二重まぶたにするために美容整形の利用をおすすめします。コンプレックスがあると自分に自信が持てなくなるので、放置してしまうのはダメです。

ただ、二重整形でもトラブルが結構発生しているので気をつける必要があります。過去に大きなトラブルを起こしたことがある美容整形は避けるようにしてください。安さを求めたい考えは理解できなくもないですが、重視するべきことはしっかり二重まぶたを成功させることになります。まずは安全性を何よりも重視してください。

二重整形で後悔しないために美容整形クリニックとのカウンセリングは納得のいくものを

二重まぶたは、美しい顔を手に入れるための最低条件でもあり、多くの人が理想の二重まぶたを求めて、美容整形クリニックを訪れます。しかし、二重整形で後悔をしないためには、事前に担当の医師と納得のいくまでカウンセリングを行う必要があります。

なぜなら、二重まぶたといっても、深さや幅に違いがありますし、自分と担当の医師が持っているイメージが異なることがあったり、自分に合うか合わないかという問題もあります。こういった問題で後悔をしないためにも美容整形クリニックで手術を実際に行う前に話し合うことがとても重要です。

二重まぶたにおける二重整形の違いについて

二重まぶたになりたい人は多く、二重になる為の二重整形があることは広く知れ渡っています。一つには医療用の針と糸を使用する埋没法があります。利点としてはメスを使用しないので、失敗してもやり直しがきき手軽に手術を行うことができます。

また、その手軽さからもプチ整形と呼ばれ、利用者が増えているのが特徴です。もう一つの方法には、まぶたを切開し二重のラインを作る切開法があります。東京や大阪などの美容外科やクリニックでは、二重整形を取り入れている場所は数多くありますので、気になる人はカウンセリングを、受けてみてもいいかも知れません。

二重整形で視界を広く

一般に一重まぶたの人は、二重の人と比べて視界が狭いと言われています。蒙古ヒダが多いことと、まぶたが黒目にかかりやすくなるため起こる現象のようです。また視界が狭くなることで、周囲の明るさも遮られる傾向があります。

この状態がかなり深刻だと無理に目を開けようと力が入るため、肩凝りや頭痛といった、体の不調も生じやすくなるというのです。二重整形は見た目だけではなく、体の機能を改善する働きもあるため、自覚症状のある方は一度クリニックに相談してみてはいかがですか。原因不明の不快な症状が改善できるかもしれません。

二重整形・鼻整形の記事

ページトップ